MENU

ヨーグルトダイエットの方法

ヨーグルトダイエットは、2日間の食事を主にヨーグルトと水分にする事で消化器官を労わり、腸内の環境整える事で便秘などのダイエットの障害を取り除き、デトックス効果も期待出来ます。ヨーグルトは、善玉菌の代表格である乳酸菌が多く含有されており、乳酸菌が腸内に増える事で日和見菌を善玉菌の働きをサポートする様になり、腸内環境を正常に整える効果が期待出来ます。腸内環境が整えられる事で、ダイエット効果だけでは無くビタミンB1やビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸などの生成量が増加し、400以上の生体機能に関与しているエストロゲンの代謝濃度が高くなり肌の調子が整えられ、免疫力が高まり乳癌の発症リスクも軽減する効果も期待出来ます。方法としては、基本的にヨーグルト100g?150gと不足栄養素の補助として野菜ジュースや豆乳を200ml〜400mlを自分にあった量に調整し、1日目の朝食から2日目の昼食まで5食同じ食事を続けますが、ヨーグルトの味付けや果物など糖分を多く含む物の添加はダイエットの効率を下げてしまうので、出来るだけシンプルな食事で進めます。しかし、ダイエット中も水分は、しっかりと取る必要があるので、一気に水分を摂取せずに1回200ml?300mlを数回に分けて摂取します。水分を摂取する際には、炭酸水で摂取し少しでも空腹感を軽減した方が、よりストレス無くダイエットを進める事が出来ます。ストレスは、交感神経を刺激してしまい交感神経を抑制する為に、副交感神経より食欲を抑制するセロトニンの分泌を抑制するコルチゾールが分泌したり、代謝を促進する成長ホルモンの分泌抑制するソマトスタチンを分泌したりとダイエットの挫折やリバウンドの原因となるので炭酸水の多めの摂取や散歩などでストレスを溜めない様に市ます。2日目の夕食は、お椀に一杯のおかゆと茶碗一杯の具の入っていない味噌汁で極軽い食事で済ませます。ヨーグルトダイエットは、体に負担を掛けない様に徐々にいつもの食事に戻して行くのが基本で、最低でも3日目の朝食は2日目の夕食と同じ食事をとり、3日目の昼からいつもの食生活に戻します。