MENU

縄跳びダイエット方法と効果

食事を調節することでダイエットもできますが、一度ついた脂肪はなかなか落ちないものです。ダイエット後に太りにくい体をキープするためにも、細くしたい部分に筋肉をつけて代謝を上げることが重要です。縄跳びは縄を回すという腕の動きと跳ぶという足の動きを同時に行うので、短時間で筋肉を鍛え、効果的にダイエットをすることができます。より効果を高めるためのポイントとしては、単調にだらだらと跳ぶのではなくメリハリをつけることです。例えば、前跳びを100回二十跳びを10回を1セットとし、これを3セット行います。セット間に5分ほど休憩を入れてもいいですが跳ぶときはなるべくテンポを崩さすに連続して跳んでください。同じ前跳びを300回二十跳びを30回跳ぶよりもこのように分けてメリハリをつけるほうが筋肉がより効果的に刺激されダイエットにつながります。セットの内容はその時の自分の能力に合わせて決めてください。筋肉痛になるほど無理をする必要はありませんが、3セット目くらいで腕と足の筋肉が痛くて息が上がる程度がよいでしょう。1日に長時間頑張るのではなく、10分前後を毎日続けて下さい。もし二十跳びができるのであればぜひセットのメニューに入れてください。二十跳びはより早く回し、より長く空中にいようとするので全身に力が入り、少ない回数でもかなりの運動量です。ただ、縄跳びが苦手で二十跳びができなくても特に問題はありません。前跳びや駆け足跳びだけでも十分ダイエットできます。また、近くに車や人通りの少ない坂道がある場合、駆け足跳びで坂道を上がるのもよいでしょう。その場合も坂を上がって下りてくるのを1セットとするなど、必ずメリハリをつけて運動しましょう。最後に、縄跳びは縄さえあれば比較的狭いスペースで短時間に効率的に運動することができるので便利です。しかし、縄にあたった小石が思いのほか跳ぶので公園や駐車場などで縄跳びをする場合は人や車に小石などが当たってしまわないように注意が必要です。